誰でも簡単にできる美味しい米の選び方

美味しい米の選び方は、好みの銘柄に加えて産地や収穫された年度なども基準となるでしょう。それ以外にも、精米されている場合には、割れたり白っぽくなった米が少ないことも重要です。一般的に、精米されると籾の状態に比べて乾燥が進みやすいと言われます。つまり保存状態に影響を受けやすいので、精米後は早めに食べることがおすすめなのです。あえて籾や玄米で購入し、食べる分だけ精米すれば、それだけ美味しく食べることができます。またうるち米は品種により特性もありますが、基本的に透明なものが好まれます。成長過程の中で、白っぽくなってしまう米ができるのですが、これは天候による影響を受けたもので、米の内部に蓄えられるはずのデンプン質が少なかったことによるものです。
誰でも簡単に美味しい米を選ぶためには、精米日が新しく、さらに米が割れたり白っぽくなっているものが少ないものがいいでしょう。

美味しいお米の基準「特A」と「一等米」って何が違うの?

お米は日本人には欠かせないものですよね。みなさんが普段から食べているお米は何を基準に選んでいますか?果たして、美味しさの基準「特A」や「一等米」といったものにはどんな意味合いがあるのでしょうか。
「特A」という基準は20人の専門家が実際に食べて決めています。これを官能検査といって外観、香り、味、粘りや硬さ、それと総合評価で判断するのです。それらを基準米と呼ばれるものと比較して食味ランクが決まります。特AからB’までの5段階で評価しています。
一方、一等米という基準は一定量の玄米を調べます。整った形のお米の割合や粒の大きさ、虫食いや透明感の有無、水分の含まれる量などを検査します。一等級から三等級、規格外を含めた4段階評価となっています。
今までブランドや価格で選んでいた方もこのような基準を目安にしてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、自分に合った美味しいお米に出会えるかもしれません。

美味しいものを選びたいなら

お米は美味しい物を食べたいと考えている人も、たくさんいます。そんなときに基準を知ることができれば、有利に美味しいお米を選ぶことができます。まず基準として考えておきたいのは、何らかの賞を受賞しているようなお米です。基本的にお米は作られている畑などによって味が違います。生産者などを細かくチェックしていれば、賞を取ったような美味しいお米を見つけることができます。
また、このようなお米は店舗で販売されているのを見つけるのは難しいので、できれば通販などで探すのが最適です。通販なら全国のお米が集まっているので、美味しいお米も集まりやすいからです。もしもお米を選ぶ時には、ブランドなども重視をすることが大切です。もちろん個人の好みもありますが、ブランド米には美味しいものが多いので、あまり考えなくても美味しいお米を選ぶことができるからです。

美味しい米は、何が違うの?基準が知りたい!

美味しい米の基準とは、味は甘みと旨みを備え、見た目は白くツヤがあり、噛むと柔らかく適度な粘りもあるという米ではないでしょうか。
中でもデンプンを構成するアミロースとアミロペクチンの比率は食感に大きく影響します。例えば、アミロース含有量が多い場合は硬い米になり、アミロペクチンが多すぎると粘りがありすぎてしまいます。どちらかが多いから美味しいというのではなく、両方のバランスが大切になります。
また、米は水に浸すことで米の成分が溶け出し甘みが増します。たんぱく質を多く含みすぎていると、水の吸収を妨げ溶け出す成分が少なくなってしまいますので、炊き上がり時に水分吸収量や柔らかさに影響が出てしまいます。
このように、米の主成分である水分、デンプン、たんぱく質などがバランスよく配合されているものが美味しい米ということになります。