日本一美味しいお米を食べよう!

美味しいお米を食べよう

日本人の主食と言えば、やはり米。美味しい米を探す時の客観的な基準となるのが、「等級」と「食味ランク」です。
「等級」とは品質を表し、一等米が最も高品質となり、また「食味ランク」とは、香り・味・粘り・硬さ等を基準米と比較して優劣をつけたもので、特AからB’までの5ランクがあります。客観的に見れば、一等米の特Aランクの米が、美味しい米、ということになります。
ただ、この一等米特Aランクの中にも、コシヒカリ・あきたこまち・ひとめぼれ等の多くの種類の米があり、甘みや旨味が強い・モチモチとした粘り気がある・ソフトな味わいというようにそれぞれ特徴があって、味わいが違います。好みによって、これが日本一美味しい、と感じる米も違ってくるでしょう。
まず一般的に美味しいとランク付けされているものを食べ比べ、自分なりの日本一美味しい米を探してみてはいかがでしょうか。

日本一美味しいお米は何か

日本には様々な種類のお米があります。例えば、コシヒカリ、はえぬき、つや姫などです。ではどのお米が日本一美味しいのでしょうか。そもそも、お米の有名ブランドは中越から東北にかけて多く存在しています。これはお米に適した環境が当該地域で整備されているからです。お米が美味しく育つためには雨が極端に多くないこと、気温が高くなりすぎないこと、水が綺麗であることが必要です。中越から東北にかけてこのような条件がそろっている地域が多いです。そのため、日本一美味しいお米は、中越から東北の中で生産されているお米と言えます。そして、その中で日本一を決めるには個人の好みに左右されるところが大きいですが、価格及びブランド力からすると魚沼産のコシヒカリが最も支持されています。そのため、現状日本一美味しいお米は魚沼産のコシヒカリということができます。

日本一の米生産地

新潟県の日照時間が夏場は長く、冬場は短いという特徴があります。また肥沃な越後平野に豊富な河川が広がっているため、江戸時代から米作りが盛んでした。そして現在では米の生産量で秋田県、北海道を抑えて日本一になっています。新潟県といえば「コシヒカリ」が有名です。この米は旨味と粘りがあり美味しいのは勿論、耐寒性があったため県全域で生産されるようになりました。特に魚沼地方で栽培されている「魚沼産コシヒカリ」は日本でもトップブランドと認知されています。
近年は他の生産地の米も品種改良が進み、知名度が高いブランド米も増え競争が激しい状況です。その中でも新潟県の米、「魚沼産コシヒカリ」というブランドは別格扱いです。ですが現状に胡坐をかくことなく、品種改良を続けているそうなのでさらに美味しい米が期待できそうです。